私が風俗で学んだこと

現役女子大生をとことん楽しんだんです

現役女子大生風俗嬢のHちゃんをとにかくとことん楽しませてもらいました。文句なしの美形である彼女は、正直自分とは住む世界が違うというか、清潔感、上品さ。そういった存在感そのものが自分の知り合いの異性にはないものだなって。だからホームページで彼女の画像を見た時、どういったプレイになるのか全然想像出来なかったんですよ。良そうもしていないプレイになるのかな…という期待感から彼女を指名しましたけど、ゾクゾクしました。彼女は本当に上品な風俗嬢なので、乱れる姿とか想像出来なかったんですよ。そんな彼女ですけど、風俗嬢としてこちらを満足させようという意識は結構強かったんです。だからかなり乱れてこちらのために頑張ってくれました。正直、あまり想像出来なかっただけに興奮の度合いも相当なものになりましたね。あそこまで楽しませてもらえるとは思っていなかったと言うのが本音でしょうか(笑)とにかく彼女の存在そのものにゾクゾクしましたよ。

風俗で遊ぶ。それっていいことですよ

真面目を謳っていた自分にとって風俗という世界は正直「あまり良くないもの」のように思っていたんです。だから自分でも風俗ではあまり遊んでいなかったんですよね。でもこの前出張に行ったとき、先輩と一緒に風俗で遊んだんです。いわゆる風俗デビューそのものだったんですけど、誤解していたんじゃないかなと気付きました(笑)風俗って別に悪いものではないというか、むしろ遊ぶことによって男としていろいろなものが得られるってことが分かったので、変に「あれはダメだ」とか考えるのではなくて自分の願望を満たすものとしていろいろと活用してみるのが良いんじゃないのかなって思うようになりましたね(笑)だからそれまでの自分はなんであれだけ風俗に対して妙な偏見を持ってしまっていたんだろう…という気持ちになったのは間違いないです。そんな気持ちを持つ必要性なんてほとんどないってことに気付かされたので、今後も風俗はマイペースと言いますか、自分なりに楽しみたいなと。